次の「ノーマル」が出現している

October 14, 2020
Download Case Study

{{consumer="/components/cta/consumer"}}

トを削減する方法を見つけるよう圧力をかけています。そして、従業員が遠隔地にいることのプラスの効果を実感しています。

ソース:Gartner (April 2020)

しかし、この変化はサイバーセキュリティにも影響を及ぼします。従業員が自宅で仕事をするということは、日常の生産性を向上させるためにモバイルデバイスに依存し、本社の保護境界外のデータにアクセスすることを意味します。

攻撃者は、パンデミックが発生する前から、すでにリモートワーカーをエクスプロイト利用し始めています。 2019年まで、モバイルの脅威との遭遇の一貫した増加が見られました。世界中のエンタープライズ・モバイルユーザーを標的としたフィッシング攻撃は、5%からほぼ16%に増加しました。個人用のみのデバイスでは、遭遇率は3倍高くなります。そして現在、誰もが自宅で仕事をし、モバイルデバイスを使用して生産性を維持しているため、モバイル固有の攻撃の割合は2020年に加速する一方です。当社の脅威調査チームは、コロナウイルスの危機を悪用してマルウェアを配信している2つの主要な監視ウェア攻撃キャンペーンをすでに発見しています。

クラウドテクノロジーとモバイルデバイスの採用により、従業員が在宅勤務を選択する傾向は長年にわたって続いています。しかし、このパンデミック主導の遠隔労働者へのシフトにより、デジタル変革の流れは飛躍的に加速しています。現在、企業は、従業員全員がオフィスを離れていても、通常どおりの業務を継続できることを理解認識しています。経済回復がまだ数週間または数カ月続く今、企業のリーダーがコスト削減の方法としてリモートワークに目を向けているのは当然のことなのです。

リモートワーク導入実際的なアプローチについて詳しくは、Lookoutの製品担当副社長、David Richardsonによるこの記事をお読みください。

*Gartner Press Release, “Gartner CFO Survey Reveals 74% Intend to Shift Some Employees to Remote Work Permanently,” April 3, 2020. https://www.gartner.com/en/newsroom/press-releases/2020-04-03-gartner-cfo-surey-reveals-74-percent-of-organizations-to-shift-some-employees-to-remote-work-permanently2

TAGS:

Discover how Lookout can protect your data