Lookout セキュリティプラットフォーム


予測的キュリティ技術で、高度なモバイル脅威からの保護を実現します

モバイルセキュリティの必要性

Lookout セキュリティプラットフォーム採用の製品一覧

Lookoutモバイルセキュリティ

個人向け
(AndroidおよびiOS対応)

モバイルセキュリティおよび盗難対策を1つのアプリで提供し、端末と端末に保存されているすべてのデータを安全に守ります。AndroidおよびiOS のスマートフォンやタブレットに対応。

詳細

Mobile Threat Protection

法人向け
(AndroidおよびiOS対応)

モバイル脅威を予知し、システムを保護することでコンプライアンスの維持とリスクの管理の両立を支援します。クラウドベースの管理コンソールおよび軽量のエンドポイントアプリで構成され、主要なMDMソリューションとの連携も可能です。

詳細

Mobile Intelligence Center

セキュリティ研究者向け

直感的なWebベースのインターフェースを使用した操作でモバイル脅威の調査をスムーズに実行します。世界各国に配布されているアプリ、ファームウェア、端末モデルの情報が蓄積された世界最大のモバイル脅威データベースにより、総合的なセキュリティの可視化を提供します。

詳細

App Vetting API (アプリ検査API)

アプリストア向け

API経由で世界最大のモバイル脅威データベースを活用できます。自社開発、外部調達のアプリを問わず、従業員にアプリを配布したり、社内アプリストアに市販アプリをホスティングする前に、アプリの安全性検査を行えます。

詳細

Lookoutモバイルセキュリティ

個人向け
(AndroidおよびiOS対応)

モバイルセキュリティおよび盗難対策を1つのアプリで提供し、端末と端末に保存されているすべてのデータを安全に守ります。AndroidおよびiOS のスマートフォンやタブレットに対応。

詳細

Mobile Threat Protection

法人向け
(AndroidおよびiOS対応)

モバイル脅威を予知し、システムを保護することでコンプライアンスの維持とリスクの管理の両立を支援します。クラウドベースの管理コンソールおよび軽量のエンドポイントアプリで構成され、主要なMDMソリューションとの連携も可能です。

詳細

Mobile Intelligence Center

セキュリティ研究者向け

直感的なWebベースのインターフェースを使用した操作でモバイル脅威の調査をスムーズに実行します。世界各国に配布されているアプリ、ファームウェア、端末モデルの情報が蓄積された世界最大のモバイル脅威データベースにより、総合的なセキュリティの可視化を提供します。

詳細

App Vetting API (アプリ検査API)

アプリストア向け

API経由で世界最大のモバイル脅威データベースを活用できます。自社開発、外部調達のアプリを問わず、従業員にアプリを配布したり、社内アプリストアに市販アプリをホスティングする前に、アプリの安全性検査を行えます。

詳細

Lookout セキュリティプラットフォーム

Lookoutはモバイル脅威に特化して製品開発を行っています。世界中のモバイルコードのデータセット、そして予測的人工知能を活用することで、通常では見過ごしてしまう、隠されたマルウェアとの相関関係を洗い出し、個人ユーザーと企業ユーザーを保護します。

グローバル規模でのモバイル脅威データベース

Lookoutのグローバルセンサーネットワークは世界中にある何百万というモバイル端末で構成され、ユーザーのプライバシーを守りつつ世界のさまざまな場所で発生する脅威を検知します。

  • 1億以上のセキュリティセンサー
  • 2300万件以上のアプリ情報
  • 毎日7万件以上のアプリを解析

予測的セキュリティ

予測的セキュリティは人工知能によってグローバルレベルで脅威の相関関係を分析します。ゼロデイ脅威を検知するだけでなく、既知の脅威の進化も明らかにします。

  • Helix™ Security Engine技術で既存の脅威を追跡し新たな脅威を予測
  • App Genome Sequencing™ (アプリのゲノム分析)による、シグネチャ技術に頼らないマルウェア検知

モバイルに特化したクラウドソリューション

Lookoutはモバイルに特化した製品開発を行っており、軽量でユーザーエクスペリエンスを重視した製品を提供しています。

  • アプライアンス不要のクラウドソリューション
  • Google Playストアで星4.5の高評価を獲得
  • App Storeで星4の高評価を獲得

シグネチャ技術や、振る舞い解析を超えるマルウェア検知技術

高度なモバイル脅威から保護するには、従来のセキュリティの手法では十分な効果が望めなくなっています。シグネチャ技術では悪意あるソフトウェアの開発のペースに対応できません。また、振る舞い解析にはリスクを常に誤りなく識別できるために必要な情報が欠けており、ノイズを発生させてばかりで脅威を示唆する情報が埋もれる恐れがあります。