Lookout Mobile Threat Protection

業務利用のモバイル端末を保護し、モバイル脅威を可視化します。


法人向け製品お問い合わせ

Lookout Mobile Threat Protection


Lookout Mobile Threat Protectionは、未知のマルウェアやネットワーク攻撃、標的型攻撃からモバイル端末を守るセキュリティソリューションです。未知の攻撃を予測し、企業で利用するモバイル端末を安全に守ります。Mobile Thret Protectionは端末への配備が容易に行え、管理者はクラウド上の管理画面でLookoutが提供するリアルタイムの脅威データを一元的に確認できます。これによりセキュリティポリシーの実施と従業員のプライバシー確保を両立させるだけでなく、世界のさまざまな地域で発生する強力な攻撃に対しても防御が可能となりました。

アプリセキュリティ


悪意あるアプリ(マルウェア)はiOS端末、Android端末の両方に存在します。マルウェアを侵入させるため、攻撃者はフィッシング攻撃、メール、侵害されたウェブサイト、アプリ内広告、プッシュ通知型広告、SMSメッセージなど様々な手段を利用してユーザーにインストールを促します。スマートフォンやタブレットにインストールされると、脆弱性を利用して端末のフルアクセス権を取得し、データ搾取、端末のセンサー監視、保護されているWi-FiやVPNのネットワークへのアクセスなどをの攻撃を実行します。Lookout Mobile Threat Protectionは、未知のモバイルアプリベースの脅威を検知できる法人向けモバイルセキュリティソリューションです。


Lookoutのアプリセキュリティ機能では、以下の攻撃を検知します

  • マルウェアやルートキット、アドウェア、サイドローディングアプリから保護
  • 主要なMDMソリューションと連携
  • 軽量のアプリでユーザーのプライバシーに配慮
  • iOSおよびAndroid端末に対応

ネットワークセキュリティ


攻撃者はさまざまなテクニックを駆使し、モバイル端末のネットワーク通信に侵入しようと試みます。このような手口を一般的にMan-in-the-Middle攻撃(中間者攻撃)と呼びます。この種の攻撃は、まずネットワーク通信へ侵入し、その後通信中の機密情報を傍受し復号します。通信に対し強力な暗号化が施れていても復元は可能です。モバイル端末を入り口とする攻撃では、このように携帯回線やWi-Fiネットワーク上でデータ転送中にアクセスを狙います。Lookoutのネットワークセキュリティ機能はネットワーク接続の安全性を自動で確認し、Man-in-the-Middle攻撃を防ぎ安全なデータ通信をサポートします。


Lookoutのネットワークセキュリティ機能では、以下の攻撃を検知します

  • ホスト証明書の乗っ取り
  • SSLストリップ
  • TLSプロトコルのダウングレード攻撃

端末セキュリティ


iOSやAndroidはPCと同様にオペレーティングシステムの脆弱性を悪用される可能性があります。脆弱性の悪用は、ルートレベルまたはカーネルレベルのアクセス権を攻撃者に許可してしまう可能性があり、その際攻撃者は端末上のアプリケーションすべてを思いのままに操ることが可能です。この場合、エンタープライズ用コンテナなどで暗号化して保管されているデータでも攻撃者はアクセス可能になります。攻撃者はモバイル端末のオペレーティングシステムのジェイルブレイク(iOS端末の場合)またはルート化(Android端末の場合)を実行して、不正アクセスした端末とそのオペレーティングシステムを自由に操作しよう試みます。ルート化攻撃はこの1年、世界規模で急増する傾向にあり、特に端末をルート化するエクスプロイトをアドウェアに埋め込んだマルウェア攻撃は高い頻度で検出されています。


Lookoutの端末セキュリティ機能では、以下の攻撃を検知します

  • 悪意あるルート化またはジェイルブレイク
  • エンドユーザーのルート化またはジェイルブレイク
  • 悪意ある構成プロファイル

Lookout製品についてのお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ