Aerial of people working in lobby

今や生産性はどこでも

クラウド アプリにより、私たちにはどこからでも生産性を維持する力が得られています。どこにいて、どの端末を使っているかはもう問題ではありません。仕事に必要なデータに簡単にアクセスできるようになったからです。

ただし、このすべては制御の及ばないところで起きています。従業員たちは管理下にない端末とネットワークを使っているからです。生産性は飛躍的に伸びる可能性がありますが、データが漏えいするリスクもあります。


Aerial of people working in lobby

クラウド アクティビティーはデータを新たなリスクにさらす

クラウドでコラボレーションするということは、データは必要とされればどこにでも移動することを意味します。さまざまな目的で使用され、複雑な網目のように広がるクラウド アプリによりデータが扱われています。さらに、監督されていないネットワーク経由で、管理対象の端末にも管理されていない端末にも転送され、従業員のみならず、契約社員やパートナーからもアクセスされます。

境界内で手にしていた可視性と制御はもはやないのです。ユーザーの挙動を把握せずに疑わしいアクティビティーを突き止めることはできません。さらに、データに誰がアクセスし、どのように扱っているかがわからなければ、知的財産の漏えいや規制違反のリスクもあります。


エンドポイントからクラウドに至るまで、あなたのアプリとデータを保護

データをリスクにさらさずに数え切れないクラウド アプリを最大限に活用するには、生じていることを正確に知る必要があります。また、脅威を検出して対応できること、そして動的にアクセスを制御する能力も必要です。Lookout Cloud Access Security Broker (CASB) はユーザー、エンドポイント、クラウド アプリ、そしてデータの間のインタラクションに対する完全な可視性を実現します。さらに、ゼロ トラストのアクセス制御を動的に微調整できまます。

User and Entity Behavior Analytics (UEBA) を継続的にモニタリングすることにより、内部の脅威や高度なサイバー攻撃を検出して対応できます。当社の製品は、その場でデータの分類、暗号化、共有の制限を行うことができる、高度なデータ損失防止機能を備えています。そのため、承認されたユーザーだけがアクセスできるようになります。また、すべてのクラウド アプリとインフラストラクチャーの自動評価も実施し、それらが適切に構成されていることを確認します。

CASB の高度な機能

高度なデータ損失防止

Lookout Data Loss Prevention (DLP) は機密データを特定して保護するための鍵です。認可されたすべてのクラウド アプリケーション全体にわたってデータを特定して分類するためのポリシーを適用できるようになります

さらに詳しく

セキュリティ態勢の管理

Lookout Cloud and SaaS Security Posture Management (CSPM および SSPM) は、構成ミスを自動的に検出して対応し、アカウント侵害を防止するセキュリティ ガードレールを敷きます。

セキュリティ態勢の管理


高度なデータ損失防止 (DLP)

動的な分類、暗号化、共有の制限により、データをセキュリティ保護する。

ホワイトペーパー さらに詳しく


動的な Zero Trust Network Access (ZTNA)

どこに格納されていてるデータにもシームレスで安全にアクセスする。

ホワイトペーパー さらに詳しく


統合エンドポイント + SASE ソリューション

プライバシーに配慮しつつエンドポイントからクラウドに至るまでデータを保護する

ホワイトペーパー さらに詳しく

Lookout はエンドポイントからクラウドまでカバーする統合型セキュリティを提供しています

デモをリクエストする call_made 無料トライアル call_made お問い合わせ call_made