Lookout によるポストペリメター セキュリティの実現

リサーチ

Lookout によるゼロトラストを信頼する方法を知る

社員やデバイスが世界中のクラウドにある企業リソースに接続するようになった今、データを保護するための新たなセキュリティアーキテクチャが必要です。詳細はレポートをご覧ください。


ホワイトペーパー レポートをダウンロード

ポストペリメター セキュリティとは

世界は変わりつつあります。今日、人々は場所を選ばずに働き、常に信頼できるとは限らないデバイスから企業データにアクセスしています。同時に、ユーザーのプライバシーに対する期待が高まっており、不正な人物からデバイスを保護することがいっそう難しくなっています。こうした攻撃者が、従来のペリメターベースのセキュリティでは保護できなくなったユーザーを標的とするケースが増えています。だからこそ、重要なセキュリティ サービスをエンドポイントへと移す必要があり、データへのアクセスの基準をゼロ トラストという前提から信頼の継続的な評価へと移す必要があります。

ゼロ トラスト モデルにおいてデバイスを信頼する方法

ゼロ トラストの世界にあるデバイスに対して信頼を確立するため、Lookout Continuous Conditional Access が裏で機能し、ユーザーが企業に接続している間、エンドポイントの正常性を動的に監視します。管理対象の環境でも管理対象外の環境でも、信頼を受けたデバイスだけが、企業のインフラストラクチャやデータに接続することを許可されます。ユーザーが企業データにアクセスしたときから、アクセスが終了するまでのセッションの間、こうした継続的なリスク評価が実行されます。

境界防御を超えた保護

ポストペリメターの世界では、社員が従来の境界防御型セキュリティの範囲外から重要な企業リソースに接続するため、防御機能をエンドポイントに移す必要があります。その移行で重要な機能は、フィッシング対策とコンテンツ保護です。Lookout Phishing AI は、インターネットをクローリングして新たなフィッシング サイトが作成されていないかを調べます。AI 検出エンジンを利用して事前に判断したサイトの評判に基づいて、デバイスのすべてのアプリから URL を検査し、悪意があると判定されたサイトに対する要求を動的にブロックします。

ポストペリメター セキュリティを企業に導入する方法を今すぐご確認ください。

お問い合わせ call_made

close
利用者の方に最適なエクスペリエンスを提供するため、このサイトでは cookie を利用しています。当社サイトの利用により、当社による cookie の利用に同意いただくものとします。もっと詳しく