SASE とエンドポイント セキュリティの統合が不可欠な理由

FPO Cloud Image

デジタル コラボレーションが飛躍的に増加し、データは必要とされればどこにでも移動するようになりました。データを危険にさらすことなくこの強化された生産性を活用するには、完全な制御を保持する必要があります。ここで、Secure Access Service Edge (SASE) が必要になります。これにより、境界で囲っていたときと同様の保護がクラウドで実現します。

ただし、プライバシーがリモートワークをしているすべての人にとっての大きな懸案事項になっています。既存の SASE テクノロジーは侵襲的で、とりわけ個人の端末での作業時に、ユーザーが望んでいるプライバシーと競合してしまいます。Lookout では、エンドポイント セキュリティと SASE を統合して、個人のプライバシーに配慮した方法でデータを保護します。


SASE-1

ときと同様の可視性

データ保護の第 1 ステップは何が起きているかを把握することです。ユーザーが、制御されていないネットワークを使用してクラウドのデータにアクセスしているなら、直面しているリスクを理解するのは難しくなります。管理されていないエンドポイントで、クラウドで、そしてその間のどこであっても、何が起きているかを理解できる可視性を与えることにより、推量を排除します。

行動を分析して、インサイダーの脅威とファイルレス サイバー攻撃を検出します。悪意のあるコンテンツを検出し、機密データをその場で分類することができます。エンドポイントのリスク レベルも継続的にモニタリングするので、アクセスを動的に変更してデータを保護することができます。


SASE-2

統一されたインサイトですべてを解明する

スタンドアロン ツールはサイバーセキュリティを不必要に複雑で非効率的なものにします。複数のソフトウェアを操るとなると、チームがミスをして、セキュリティ ギャップを見逃してしまうかもしれません。当社の統合型プラットフォームでは、ユーザー、エンドポイント、アプリ、データに関する実用的なインサイトを提供します。

すべてを 1 か所にまとめて、セキュリティ ポリシーを施行すれば、トータル コントロールを確実に保持できます。脅威を突き止め、高度なサイバー攻撃に対する科学調査を実施するために必要なすべてのテレメトリ データも提供します。


SASE-3

精確な制御とシームレスなアクセス

クラウド アクセスを、オール オア ナッシング方式で管理する必要はありません。セキュリティのために生産性が妨げられたり、ユーザーのエクスペリエンスが損なわれたりするべきではありません。すべてのものに対する完全な可視性と統一された制御があれば、精確なアクセスを微調整し、シームレスで効率的なエクスペリエンスを提供することにより、データをセキュリティ保護できます。

当社は、ユーザーのリスク態勢にマッチする、きめ細かいアクセスを動的に提供します。当社の製品は、お客様の従業員が仕事に必要とするアプリとデータを把握しています。お客様のデータに関する深い知識もあり、それを外出先で暗号化して不正アクセスを防止することができます。

Lookout SASE ソリューションを探索する

さらにリソースを調べる


Mobile Endpoint Security (MES)

プライバシーを侵すことなく、既知および未知の脅威からデータを保護する。

ホワイトペーパー さらに詳しく


動的な Zero Trust Network Access (ZTNA)

どこに格納されていてるデータにもシームレスで安全にアクセスする。

ホワイトペーパー さらに詳しく


Cloud Access Security Broker (CASB)

完全な可視性と制御でクラウド コラボレーションと生産性をセキュリティ保護する。

ホワイトペーパー さらに詳しく

Lookout はエンドポイントからクラウドまでカバーする統合型セキュリティを提供しています

デモをリクエストする call_made 無料トライアル call_made お問い合わせ call_made