Aerial of people working in lobby

社員は手間のかからないアクセスを求めている

クラウド アプリケーションは、生産性に対する考え方を一変させました。人々は、最も使いやすいと思えるデバイスや手元にあるデバイスを使用して、どこからでも仕事をこなしています。

これに伴って、アクセスに対する期待も様変わりしました。従業員は、パブリック クラウド上であろうと、データ センター内であろうと、コンテンツが存在する場所を気にしていません。彼らは、仕事に必要なデータに簡単に接続できることを求めているだけです。


Aerial of people working in lobby

オールオアナッシング方式がデータを危険にさらす

リモート ワーカーが必要とするデータの一部はデータ センター内にあります。アクセスを提供するために、多くの組織が仮想プライベート ネットワーク (VPN) に頼ってきました。しかし、これにより、インフラストラクチャーが管理下にないネットワークやデバイスにさらされることになります。誰かが VPN 経由で接続すると、そのネットワーク上にあるすべてのデバイスは、境界内に無制限にアクセスできるようになります。

データが安全であることを保証するには、オンプレミス アプリケーションは Web アプリケーションのように動作し、安全である必要があります。アプリに接続している人、彼らが使用しているデバイス、および彼らが必要とするアクセスの種類を把握する必要があります。このようなインサイトがあって初めて、従業員が必要とするものだけにアクセスするよう、精確なアクセスを微調整することができます。


ゼロ トラスト アプローチを使用したアクセスのセキュリティ保護

従業員は必要なものに簡単にアクセスできることを求めています。Lookout Zero Trust Network Access (ZTNA) は、データを危険にさらすことなく、アプリへのシームレスな接続を提供します。アプリがデータ センター内にあるのか、パブリック クラウド上にあるのか、ハイブリッド環境内にあるのかは関係ありません。そのために、ユーザーが仕事で必要とする特定のアプリに対するアクセス権だけを付与します。また、ユーザーとエンドポイントの ID とリスク レベルを継続的に監視して、それに応じてアクセスを制限します。

インフラストラクチャーが安全であることを保証するために、アプリを公衆インターネットから隠すことにより、許可されたユーザーだけがアクセスするようにします。また、多要素認証と ID アクセス管理との統合により、クラウド アプリ セキュリティのメリットをレガシー アプリにまで拡張します。


さらにリソースを調べる


Cloud Access Security Broker (CASB)

完全な可視性と制御でクラウド コラボレーションと生産性をセキュリティ保護する。

ホワイトペーパー さらに詳しく


高度なデータ損失防止 (DLP)

動的な分類、暗号化、共有の制限により、データをセキュリティ保護する。

ホワイトペーパー さらに詳しく


統合エンドポイント + SASE ソリューション

プライバシーに配慮しつつエンドポイントからクラウドに至るまでデータを保護する

ホワイトペーパー さらに詳しく

Lookout はエンドポイントからクラウドまでカバーする統合型セキュリティを提供しています

デモをリクエストする call_made 無料トライアル call_made お問い合わせ call_made